スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

サムゲタン風鶏粥とこっくりさん

サムゲタン風鶏粥とこっくりさん





正月の長期休暇も今日を入れて後3日。
今日は天候も悪く、完全OFFとし、趣味の適当料理だけを楽しんだ。

奥さんのお母さんの、韓国料理「参鶏湯(サムゲタン)」好き、の影響を受けたのか、最近僕の好物ともなった。 先日もトラジで焼肉をご馳走になった際にも、美味しいサムゲタンが出てきて、コレ、作ってみたいなぁって思っていた。
流石に今の僕の料理の実力じゃあ無理そうなのと、色々と材料集めが大変そうな事もあって、また、明日7日は五節句の「七草」である事も考慮して、「サムゲタン風鶏がゆ」を作ってみた。
サムゲタンに近づけるよう、普通の米ではなくもち米にして、下味をつけて数時間冷蔵庫で寝かせておいた鶏のもも肉かたまり、干し海老とそのもどし汁、ほたての貝柱の缶詰、松の実、木くらげ、干し椎茸、中華風スープの素等々を鍋に入れ、煮込むこと約90分。
とろとろに煮上がった所で、鶏肉だけを取り出して、食べやすい大きさに裂いて、しょうがとごま油と共に鍋に戻し入れたら出来上がり。
器に取り分け、お好みで香菜(パクチー)とネギを載せて食べてみると、何だコリャ!!
サムゲタンとは言えないけど、やばい位に美味いぞ!!

おかずは、「里芋と挽肉のこっくり煮」。
家庭菜園で父が作った里芋を、炒めたしょうが、タマネギ、挽肉と一緒に、酒、しょうゆ、みりん、砂糖を混ぜ合わせた煮汁で30分程煮込んだ後に、みそとバターを落としてよく溶かしたら出来上がり。
なんだか自分で作っておきながら、コレは、「お袋の味」みたいな感じに仕上がった(笑)。

美味い美味いとばかり書いてるけど、どちらも味がしっかり濃く付き過ぎてしまった所が反省点。
奥さんの感想も、どっちも美味しいけれど、両方が濃過ぎて、「逃げ場が無い」との事。
なるほど。料理の組み合わせにも今後は注意しなければ…。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サムゲタンサムゲタン(参鶏湯)は、大韓民国|韓国の代表的なスープのひとつ。若鶏、もしくは丸ごとの鶏の腹を割いて、その中にもち米、栗、干しナツメ、オタネニンジン|高麗人参、マツ|松の実など、薬膳料理の食材としてよく知られたものを詰め合わせた後,それを長時間煮

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。