スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

告白

告白



古本屋で少し安く売られているのを見つけなければ、買わなかったかもしれない。
でも、「2009年本屋大賞代1位」と書かれた帯を見た時から、ずっと気になっていた本。
高3から大学4年まで本屋でバイトをしていた僕は、
「本屋さんが薦める」と言う言葉に、ナンだかとても弱い。

例えば今や古典とさえも言える、「深夜プラス1」だとか、
学生の頃夢中になってミステリを読み漁った時期もあったけれど、
最近はミステリ、特に日本の推理小説の類は殆ど読まない。

この本が書店員に、何故ここまで評価されたのかは良く分からないけれど、
全ての章が、ある事件に関わる複数の登場人物の告白(独白)で綴られる構成に、
強く引き込まれてしまった事は事実。単純に、面白い。

でも僕がまだ本屋さんだったら、人にはあまり薦めない。
面白いけど、「救い」が無い。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。