スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

迷惑電話撃退法

迷惑電話撃退法




何処で情報が漏れたのか、会社の外線に迷惑セールス電話がたまにかかってくる。
内容は、マンション経営だとが、年金、投資関連が殆どだ。
内容が内容だけに、オンライントレード会社から情報漏れしているんじゃなきゃいいけど…。

このセールス迷惑電話、相手はプロなので、普通に「興味ない」とか「お金がない」とか「忙しい」とか言って切ろうとしても無駄だ。
悪質なものになると、こちらから電話を叩き切ってもしつこくかけ直してきたりする。
いくつか試してみたが、撃退するのに一番良い方法は、
①相手の電話番号が分かる事を告げる(分かっても分からなくても)
②これ以上かけると威力業務妨害罪で、所轄に通報すると告げる
みたいだ。不思議と効力を発揮する。
威力業務妨害罪とは、威力を用いて人の業務を妨害する行為(刑法234条)で、「威力」とは、暴行や脅迫や騒音など、人の意思を抑圧することが出来る行為の事を言う。この法律に違反すると、刑法234条 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられる。

次に試そうと思っているのが、「特定商取引法17条(契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止)」だ。業者は一回断った人に対し再度電話勧誘をしてはならないという決まりだ。
最近で言うと、個人情報保護法案を切り口に攻めてみるのも良いかもしれない。

とにかく、冷静に毅然とした声で応対する事が一番大切だ。
最近は、迷惑セールス電話撃退が楽しくて、たまにかかって来ると嬉しかったりもする(笑)。

法律は人を守る為にある。法律を有効に使わないのは損だ。
一応法学部出身なのだが、上記の法律の適用範囲をキチンと分かって言っている訳ではない。どうせセールス電話の相手も素人で多少なりとも後ろめたさはある訳だから、要はハッタリだ。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。