スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

千倉へ

千倉へ




村上春樹が好きだ。
風の歌を聴け、1973年のピンボール、世界の終りとハードボイルドワンダーランド、ノルウェイの森、ダンス・ダンス・ダンス…。
うまく説明する事は難しいのだけれど、不思議と彼の作品は、僕の心の中に空いている空間(隙間)に、パズルの最後の1ピースのようにピッタリとはまった。

良くは覚えていないのだけど、村上春樹のエッセイの中に、「千倉」は度々登場していた(安西水丸がらみだったかな?)。
以来、僕の中で「千倉」はいつからか、何故だか、「聖地」のような存在になっていた。
その千倉へ10数年来の思いを引きずりながら、本日始めてドライブへ。天候も良く、海風が心地よい良い、楽しいドライブだった。

村上春樹関連のHPで、「村上作品を読んで行きたくなる所」というアンケートの結果が載っていた。その中に僕と同じように、「千倉」と答えている人が3名いた。何だか嬉しい。




昼食は、日本水浴88選の1つでもある、和田浦海岸そばの「さかな」とうお店で。
小学生の頃は、給食の定番メニューだった鯨の空揚げを20数年振りに食べた。

長年の憧れ「千倉」と懐かしい「鯨肉」を満喫し、心から癒される良い週末だった。

懐かしい鯨を食べたくなった方は、こちらからどうぞ↓↓↓



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。