スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

太田山桜1

太田山桜2

大地震から一ヶ月が経過しました。

その一ヶ月の間に、季節は冬から春へ。
そして、桜の花が散ると、初夏ももうすぐそこです。

大地震や大津波、同じ場所で繰り返す大きな余震…。
自然の営みはあまりにも非情で残酷ではあるけれど、
僕らはずっとこんな風に季節を重ねて、未来を造ってきた。

今までも。
そしてこれからも。



人はみな心の岸辺に 手放したくない花がある
それはたくましい花じゃなく 儚く揺れる一輪花
花びらの数と同じだけ 生きていく強さを感じる
嵐吹く風に打たれても やまない雨は無いはずと

桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ
涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった
追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは
いつまでも変わることの無い
君の中に 僕の中に咲くLove・・・

名も無い花には名前を付けましょう この世に一つしかない
冬の寒さに打ちひしがれないように
  誰かの声でまた起き上がれるように



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

大田山のさくらもいいなぁ~
明日朝にでも行こうかな

私この歌大好きでカラオケで必ず歌います。

結構切ない歌ですね、それと森山直太郎の桜

「独唱」川口恭吾(?)桜

みんなんいい歌もちろん歌います

ありしまさん

こんばんは。
今年の大田山の桜は、そろそろ見納めのようですよ。
急いだ方が良いかもです。

レッドベレーさん

みんな良い歌ですよねー。
それにしても、レッドベレーさん、若いですね!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。